「学歴コンプレックスの発露は良くない」っていう文化を作っていこうよ

こんにちは。あっくんです。

 

今日はただの正論を言います。

 

 

先日、こんな記事を見かけました(1年前の記事だけど)。

 

biz-journal.jp

 

千葉大学市橋達也(リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件)や寺内樺風(少女誘拐)、吉元将也(医学部で強姦した)など、何気に最近の有名な犯罪者を多く輩出しているのですが、上記の記事の中で千葉大学出身者に猟奇事件犯が多い理由に、以下の理由が挙げられていました。

 

旧帝大と)接近しても、同列に並ぶことができないことも確かだ。それぞれの大学がもつ歴史や伝統は塗り替えられないし、その上に立つトップ校の座は事実上、固定化されている。超一流と一流の狭間という微妙なポジションにある大学、そこに集まる「頂点に到達できたかもしれない成績上位層」だけが覚える挫折感、喪失感。そのあたりが事件頻発の遠因になっているのかもしれない。

 

これを読んだ瞬間、思いました。

 

 

 知らねぇ~~~~~~~~~~~~

 

 

 

学歴コンプレックスが遠因になってるとしたら、学歴コンプレックスをいちいち引きずっちゃうような性格になったそれまでの生活環境も遠因だと思うんですけど。こういうこと言いだしたらキリないと思うんですけど。

 

 

まぁでもこれ読んで「わかる」って思うのであながち間違ってないんとも思うんですよね(どっちやねん)。学歴コンプレックス激しい奴4~5人浮かぶし、有名な千葉大生ツイッタラーも東大落ちかなんかだし。

 

今日は、そんな学歴コンプレックスについて思ったことをかる~~~く書きます。

 

 

なんか、申し訳なくなる

 

自慢ではないですが、僕はそれなりに全力を勉強をして千葉大学に合格しました。

高2の冬千葉大学を目指すことを決め、諸先輩方から勉強法を聞き、本を読み自分なりの勉強法を確立し、高3の春から2次試験までアクセル全開で走り続けました。

 

もちろんすべて順当に進んだわけでは無いですが、友達と競い励ましあいながら、当時いた彼女(今ではクソ不仲)に励まされながら…「憧れの」千葉大学に現役で合格することができました。

 

そして入学。

それから新歓などでいろんな人に出会うわけですが、5人に1人くらいの割合で

 

「僕、本当は一橋にいきたかったんですけどね・・・」

 

「一浪して東工大目指してたんですけどね・・・」

 

「模試では良い判定出てたんですけど、センターでこけちゃって・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・そっかぁ。

 

そっかぁだよ。そうだよ。

 

 

え?なんなの?「本当はお前らより上だけど仕方なく来た」みたいな感じを演出したいんですかね。マウント取ってるの?そんな態度とって本当に仲良くなりたいの?え?そんなんでもないの?それはそれで傷つくけども。

 

 

「僕は全力で勉強して千葉大に来ました!!」ってなんかもう言いずらいじゃん。なんか申し訳ないし、「ポテンシャル低いで~~~~す」って言ってるみたいじゃんか。

 

 

はい。何が言いたいかというと、

 

全力で千葉大に来た奴もいるし、なんなら入れなかった奴もいるからもうちょっとその辺のこと考えてよ。

 

ということです。気をしっかり持ってほしい。

 

 

学歴は18歳時点での順位だから

 

はい。見出しで行ってることがすべてです。

学歴はあくまで18歳時点での順位だからね。

その4年でどう過ごすかで22歳時点での順位なんていかようにも変わってくるから。

 

いつまでたっても「東大行ってたらなぁ」とか言うの辞めようね。

 

お前は千葉大生だからね。

 

千葉大と言えば「犯罪者」みたいな話するのもう嫌なので書きました。

いうて大学が好きってわけでもないけど。

まぁその大学で楽しくやろうや。それではまた。

火傷の治療費、本当にありがとうございました!支援者様のご紹介!

以前、自分が火傷を負った話をブログに書きましたが、その治療費をpolcaで5000円調達しようとしたところ、

 

f:id:cederkko:20171001233257j:plain

 

約1週間で達成することができました。

 

ご支援くださった皆様、誠にありがとうございました!

この場を借りてお礼申し上げます。

 

~支援してくださった皆様~

 

○3000円

 

ヨンホ・セビヨルン(yonlee)さん

 

○500円

 

カタヤマ(ktym)さん

 

tomokikato8さん

 

oujikitachurchさん

 

えらいてんちょう(eraitencho)さん

 

 

改めて、ご支援、誠にありがとうございました!!!

 

f:id:cederkko:20171001233416j:plain

 

ご支援いただいた5000円の使い道ですが、

 

初診料 1400円

 

二度目の診察代 850円

 

軟膏 800円+750円

 ※初診と2度目の診察では別の軟膏を買いました。

 

包帯、ガーゼ代 1000円

 

計 4800円 きっちり使わせていただきました。

 

お陰様で、最初はこんなんだった右手も

 

f:id:cederkko:20170916154322j:plain

 

 

f:id:cederkko:20171001234140j:plain

 

まだ少し赤いですが、ちゃくちゃくと治ってきております。

今後はこういった不用意なミスをしないよう、気を付けていきます。

 

最後になりますが、今回ご支援いただいた5名の方々、Twitter上で拡散に協力してくださった方々、本当にありがとうございました!

 

 

 

それ、本当にお金払う必要ある?-バーに3週間住んで感じたこと

こんにちは。変な奴と思われがちですが、意外と真面目に大学には通っているあっくんです。

 

今年の夏休み、僕は20日間ほど池袋にある「イベントバーエデン」に住んでいました。

 

f:id:cederkko:20170930184929j:plain

 

twitter.com

 

ここのバーがどんなところかについてはTwitterを見てもらうとして、

僕はこのバーに宿泊費0円で20日間住んでいました。

 

今回はその生活ぶりと、そこから学んだことについて書こうと思います。

 

 

バーでの生活

 

僕の住んでいるところはバーなので、基本的に営業時間は夕方から夜にかけて。

エデンの営業時間は17時~23時なので、その時間はバーテンが立ち、お客さんがいます。

 

f:id:cederkko:20170930190500j:plain

 

ちなみに、エデンは「イベントバー」なので毎日違う人がバーテンに立ちます。そのため毎日客層もばらばら。

ロクでもない大人に会うこともありますが、基本的に様々な出会いがあってとても面白いです。マンネリしない。

 

しかし、その時間は必然的に「家がない」という状況になるため、自分の興味のないバーだった場合にこの6時間をどう過ごすかがカギになってきます。

 

僕は専ら近くのブックオフで立ち読みするか、ファミマ千川駅北店のイートインコーナーで作業をしているかでした。このファミマの千川駅北店、イートインコーナーがめちゃ綺麗なのでおすすめです(写真は撮り忘れた)。

 

23時になると閉店になります。店長がやってきて、ゴミ出しや会計などもろもろの作業を終えると家に帰っていきます。住人である僕はそれまでに戻ってもいいし、どっちにしろ鍵は持っているのでその時間に帰ってこなくてもいいです。

 

とりあえず23時半くらいになると家が戻ってきます。

よく聞かれるのが「どうやって寝るの?」ですが、そこは大丈夫。

エデンにはソファーベッドがあるのですが、それを広げるとベッドになります。

シンプルですね。

 

f:id:cederkko:20170930192408j:plain

 

なので疲れがたまったりすることはあんまりないです。近所に銭湯もあるし。

しかもソフトドリンクやアルコール等は飲み放題(限度はあるけど)。その日のバーテンの方の提供するご飯はタダで食える。

 

これで家賃0円です。ヤバくないですか?最高じゃないですか?

 

千葉大学に通ってることもあり、大学に通うとなると1万/月の定期券と銭湯などの雑費でもう1万、計2万ほどの負担にはなりますが、家賃4万3000円+光熱費よりは断然安いし、めっちゃいいじゃないですか。

 

ということで親に「アパートを引き払いたい」というお願いをしましたが、

母に猛烈に「お前は騙されてる」と反対されたためいまは千葉のアパートに住んでいます。また今度この住んでみた経験も踏まえ説得しようと思います。

 

 

当たり前にお金を払っていたものが、そうではなくなっていく

 

さて、この経験を踏まえ、僕が一番に感じたことが

 

「自分って思ったより死なないし、家にお金払うのってばかばかしくない?」

 

でした。このことの詳しくは「非日常クリエイター」の堀元さんが言いたいことを言ってくれているので、そちらを読んでいただければと思います。

 

ken-horimoto.com

 

何が言いたいかというと、

今回の例は「家」でしたが、そんな風に「お金を払って当たり前」だと思っていたけど、実はそんなことないものって、たくさん身近に存在してると思います。

 

例えば「食」。最近では

月額1980円で飲食店の売れ残り商品を1日2回まで譲って貰えるサービス

が年内に開始されるそうです。これを使えば極端な話、月2000円で食費は済んでしまうことになります。

 

news.careerconnection.jp

 

そんな風に、自分の生活のコストを下げていくことで自分の好きなことにお金が使える、自由な人生を送れるんじゃないかと思っています。

 

これを読んだあなたも「お金を払って当たり前」と信じ込んでいるものを、一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

さて、これが僕が夏休みで一番勉強になったことでした。

明後日から学校めんどくせ~~~~~~~

 

ちなみにエデンは新住人が誕生してしまったため、親を説得したところでもうエデンに住むことができません。(たまに泊まるとかならオーケーだと思うけど)

そこでここまで読んでくださった方で「うちのここに住んでもいいよ。無料で。」みたいな話がありましたらぜひコメントしてください。物置とかでも全然平気です!

 

ご連絡お待ちしてます!それではまた!

 

【閲覧注意】皮膚科の人に「僕の手、もののけ姫みたいですね」って言ったら怒られた

 

こんにちは。千葉大学きってのダメなやつ、あっくんです。 

突然ですが、僕の近況報告をします。

最近のボクですが…

 

f:id:cederkko:20170916132220j:plain

 

 

f:id:cederkko:20170916135402j:plain

 

 

めっちゃ火傷しました。

 今日はそのことについてかきます。

 

気づいたら呪いみたいになってた

 

火傷の原因ですが、完全に僕の不注意です。

住んでいるバーの営業が終わり、片付けをしていたところ、フライパンに油が入っていることに気付かず、思いっきり傾けて手の甲を思いっきり素揚げしました。

 

いやぁ、びっくりしました。久々に脊髄反射したって感じ。

 

f:id:cederkko:20170916141404j:plain

久々に「反射」した

 

最近、自分は動物的に生きる力がない弱い個体だと思っていたところだったので、あそこまで脊髄反射ができるとなると、僕もまだまだ生きる力あるなぁと少し自信になりました。

 

「最近私、生きる力ないなぁ」と思っている人は、ぜひ手の甲に油を浴びてみてください。自分の本能的な力を感じる事間違いなし!

 

火傷した直後は特に外的な変化はなかったのですが、

一時間くらい冷やしていたら(閲覧注意)…

 

 

 

 

f:id:cederkko:20170916142800j:plain

 

こんなんなってた。

人間の体、コエ~~~~~

 

 

 

翌日、皮膚科へ

 

病院に行くかは迷っていたのですが、

水ぶくれがデカすぎることに不安を覚え、近所の皮膚科に行くことにしました。

 

f:id:cederkko:20170916144111j:plain

皮膚科の待合室。ドリンクが豊富だった。

 

 10分くらい本を読みながら待っていると

 

「丸山さーん」

 

呼ばれた。一人暮らし始めてから病院に行ったことがなかったので、この感覚はなんだか久しぶり。

 

診察室に入り、いすに座る。包帯を取って傷を先生に見せる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生「うわぁ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引かれた。え、なんだよ。怖えよ。

 

 

 

医者はどんな患者が来ても「あっはい。ガンですね。」みたいな感じでそっけない感じでいてくれよ。素を出すなよ。「なんかヤバいかも」って思っちゃうでしょ。

 

 

お医者さんとのやり取りは続きます。

 

 

医者「何があったんですか?」

 

丸山「実は昨日キッチンの片づけをしてましたら油が手にかかってしまいまして…」

 

医者「なるほどねぇ」

 

丸山「まぁ素揚げしちゃったみたいな?ハハハ…」

 

医者「・・・」

 

 

 

これは俺が悪かったです。すみません。

でも最初に引かれて不安になったのからなんか自分の中で和らげようと思ったんだよ。許してよ。

 

結局ただの火傷ということだったんですが、水ぶくれを保護するための包帯の巻き方を教えるから処置室に行くように、と言われ処置室へと移動しました。

 

 

「素揚げ」はウケない

 

処置室で待っていると、看護婦さんが入ってきました。

看護婦さん、僕の水ぶくれを見てそこそこ大きな声で

 

 

 

看護婦「すげえ!大きいですね!」

 

 

 

友達と話してるんじゃないんだから。確かに確実に年下ではあるけども。

 

そして例によって聞かれます。

 

 

看護婦「なんでこんなことになっちゃったんですか~?」

 

丸山「いや…油が手にかかってしまって…」

 

看護婦「なるほど…」

 

丸山「まぁ素揚げみたいな?ハハハ。」

 

看護婦「…」

 

 

ほんとすみませんでした。

 もう二度と「素揚げ」は口にしないようにしようと誓った瞬間でした。

 

【学び①:「素揚げ」はウケない】

 

 

アシタカを舐めるな

 

さて、この手を見てわかると思うのですが、水ぶくれだけでなく結構火傷のあともひどく残ってしまったんですよね(指毛が汚いとか言うな)。

 

f:id:cederkko:20170916155828j:plain

 

どれくらい傷が残ってしまうのか気になったので、看護婦さんに聞いてみました。

 

 

丸山「結構傷もひどいですよね」

 

看護婦「そうですね…半年くらいは治らないんじゃないかなぁと思います。」

 

丸山「なるほど。それはそうと、この傷呪われてるみたいですよね」

 

看護婦「ははは、結構激しい呪いですね」

 

よしよし。結構会話が弾んできた…そしてこの瞬間自分の傷が『もののけ姫』のアシタカっぽいなぁと思ったので

 

f:id:cederkko:20170916164122j:plain

 

丸山「なんか、もののけ姫のアシタカみたいじゃないですか?」

 

看護婦「え?まぁでもアシアカはこんなもんじゃないですけどね。」

 

 

急に「お前のけがはそんな大したことない。甘えんな」的なカウンターパンチ。

 

 

びっくりした。とっさに

「あ、はい。スイマセン…」

って言っちゃった。そこから会話は全然弾みませんでした。

 

【学び②:アシタカと並べると少しイラっとされる】

 

 

まとめ

 

そんな感じで、今も火傷を背負って生きています。

水ぶくれがつぶれたり、皮膚科で面白いことがあったら随時ブログに書きますのでお楽しみに。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

f:id:cederkko:20170916165258j:plain

 

パンパンの指でタイピングするの、めっちゃしんどかった。

【入会者募集】全日本ダメ大学生協会を作ったよ

こんにちは。あっくんです。

突然ですが、「何か肩書きがほしい!」という個人的な願望のもと、こんなものを作ってみました。

 

twitter.com

 

 

全日本ダメ大学生協会です!!

 

うわ~~~頭悪そ~~~

 

よりによってなんでこんなこと?っていうと、自分の突出したコンテンツが「ダメ大学生であること」くらいしか(安易には)思いつかなかったからです。こないだも16時間くらいオナホのレビュー見て笑ったり悲しくなったりしてました。無為すぎる。

 

詳しいエピソードなどはのちのちちまちま話していきますが、自分自身ダメ大学生のため、もっとダメな人間をみて安心することもしばしばあります。許してください。

そんなんだったら、みんなから「俺(私)ってダメ大学生やな…」っていうエピソード募集して、

「みんなダメだな」って安心して

みんなでダメになっていこう。そんな目論見で作りました。

 

 

入りたい人はフォローしてね

 

Q:「どうやったら入れるんですか?」

 

A:TwitterをフォローしてくれればOKです。基本的にネット上だけの集団なので、オフ会を開いたりする予定もないです。入会したら見るだけでも大歓迎ですが、自分の「駄目だな~」っていうエピソードをぜひ送ってくださいね。

 

Q:「大学生限定ですか?」

 

A:社会人(既卒者)でも大歓迎です!先輩方の「おれこんな非生産的なことしてたよ」は、大学生にとって救いです!法律の範囲内での「やんちゃしてた」エピソードはお待ちしております!

 

と、いうことで、そんな意識高くなく、力を抜いて生きていこうぜ。

共感した人はぜひフォローしてみてください。

もしよろしければ、エピソードをDMで送ってくださいな。

ではでは。

 

twitter.com

【単なる記事まとめ】2017年7月終了時

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

 

www.70seeds.jp

初めて書いた記事のおもひで

 

こんにちは。あっくんです。

 

まだブログも4本目ですし、僕のことをもっかい適当に自己紹介しますね。

何のとりえもない童貞の大学生です。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

まぁ今ので完結に説明できたんですけど、それでも、やはり、あまりにもそれだけでは寂しいということで、一応肩書きのようなものを持っております。

 

www.70seeds.jp

 

コチラのwebメディアでライター見習いをしているインターン生です。去年の12月中旬に正式に採用が決まり、今年の一月から編集部で働いています。もう半年が立とうとしているんですね。早いなぁ。 

 

 

【70seedsってどんなメディア?】

 

70seedsは2015年の4月1日に誕生したメディアで、『ハートに火をつける』をテーマとして、多様性あふれる世の中で、自分を表現することをためらっている、何か背中を押してほしいと思っている人たちの背中を押す、といったことを目標としています。

 

色々な面白い生き方を実践している人たちを紹介する「生き方大辞典」みたいだな、と個人的には思っています。

 

中心の読者は自分のキャリアについて振り返りがち(?)な2~30代がほとんどですが、いろいろな生き方を紹介しているので、ぜひ学生にも読んでほしいと思っています。まぁそれは僕の仕事。

 

 

【半年で14本】

 

この半年、僕が書いた記事は14本になります。といっても、初めは文字おこしやリサーチがほとんどで、記事を書き始めたのは3月から。

そう考えると4か月で14本。個人的にはもう少し追い込めたと思っているので、物足りないと思っています。

 

 

さて、こっからは僕が初めて単独取材をし書いた記事の紹介、そこから得た教訓をつらつらと書きたいと思います。

 

 

【初めての単独取材。苦い思い出】

 

www.70seeds.jp

 

この記事はインタビューではなく、講演の内容をまとめたイベントレポート。講演をしたのは「観光カリスマ」の異名をもち、日本全国の観光業に大きな役割を果たしている山田桂一郎さんです。

 

 

f:id:cederkko:20170716002612j:plain

 

 

ぶっちゃけて言うと、この講演、僕が書いた記事の記事の5~10倍面白かったです。

日本の観光業界の問題点を観光門外漢のぼくにも「なるほど」と思わせるようにわかりやすく説明してくれるし、日本のお役所の良くない体質をウィットに富んだジョークで表現してくれるし、なによりこの人の利他的な姿勢が何よりもカッコよかった。

 

めちゃめちゃ勉強になったし、この話がきっかけで観光業についての本も何冊か読みました。それくらいパワーのある講演でした。

 

↓山田さんの著書、めっちゃ勉強になるし面白いのでおすすめです。

 

www.shinchosha.co.jp

 

 

山田さんのお話はめちゃめちゃ面白かったのにも関わらず、このイベントレポートは『「誰に」「何を」届けたいのか』を明確にできず、笑いを優先するのか、ビジネス的な面を優先するのか、最後まで迷ったまま締め切りに追われるがまま書き進めてしまい、尖った内容のない薄い内容になってしまいました。

やはり、PVもそれほど伸びませんでした。

 

 

【独りよがりの記事は読まれない】

 

ここで僕が問題だったのは圧倒的に読者視点が足りていなかったということ。

初めて記事を書くということで、舞い上がっていた部分もありましたし、読者よりも自分の納得する内容を書くことに終始しすぎていました。

 

ブログならそれでいいのかもしれませんが、たくさんの人に読んでもらうことを目標としているメディアではそうはいきません。

 

友達数人にもこの記事を共有しました。帰ってきた感想は、

「頭が悪いからよくわかんないやw」

「難しい記事書いてるね」

「記事書けるなんてすごい」

 

読者に「頭が悪いからわからない」なんて思わせている時点でもう失格です。結局、焦点の定まらなったこの記事は、だれの胸にも響かないまま他の記事に埋もれていきました。

 

ここで僕は

「(よほど面白い人でもない限り)独りよがりな記事は誰の心も動かさない」

という何とも当たり前の事実に気づいたのでした。

 

 

【誰に何を届けたいのか】

それからというもの、僕はしっかり

・誰に

・何を

・どのような(この場合記事で) 伝えるのかとういうことをしっかりとまとめるということを肝に銘じて、日々記事を書いています。

 

まだまだあまちゃんのペーペーにもなれていないような存在ですが、これからも70seeds上で僕の記事を見かけたら

「お、うまくなってるかな???」くらいな感じで読んでもらえると嬉しいです。

 

そして、その感想をぜひTwitter↓にお寄せください。

twitter.com

 

のらりくらり、イイ記事を書けるよう精進してまいります。